スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南ドイツ =ノイシュバンシュタイン城= 

ドイツ旅行=ノイシュバンシュタイン城
小さい頃、この城の写真を見るたびに「行ってみたい」と思っていました。
幻想的な雰囲気と美しさに多くの人が魅了されたのでは無いでしょうか?
CIMG2349.jpg

でもドイツ人に言わせると
「なんであの城をワザワザ見に行くの?歴史的にも哀しい城なのに・・・」
我々日本人は、「シンデレラ城のモデル」「美しい写真の風景」と言うことしか知らないんじゃないかしら?

せっかく遠くまで足を運んだついでに、ノイシュバンシュタイン城の歴史を調べてみますかな。


励みになります!→人気blogランキング


実はTina。この文章を書くの今日が3回目。
入力中に画像を添付しようとしたらリンクしなくなり書いた文章が全部パー!!どうゆうことよ!
FC2ブログ!ムカムカ。

で。本題。3度目の正直!
この城を建てたルードヴィヒ2世は“狂王”と呼ばれています。
その理由ノイシュバンシュタイン城を建てた理由と深く関わっていました。
CIMG2351.jpgCIMG2377.jpg

ルードヴィヒ2世は幼い頃から厳しい英才教育を受け、寝る暇もあまり無かったそうです。
そして厳しさから逃れるように一人でいることを好むようになり、夢の世界に浸っていました。
また厳しい教育とは反対に、思いのままにお金を使えるという身分であったことが、
彼の精神状態を少しずつ狂わせていきました。

父の死後、18歳の若さでルードヴィヒ2世として王に即位します。
初めは王としての義務を果たしていました。しかし、借金に追われて行方不明になっていた
ワーグナーが発見されると、政務を忘れ、ワーグナーに国家財産をつぎ込むばかりでした。
豪邸や劇場を建てて作曲活動を援助するなど、二人の関係はワーグナーが死ぬまで約20年続いたそう。ルードヴィヒは決してワーグナーの音楽を理解していたのではなく歌劇の中の英雄伝説や騎士物語のヒーローの姿に陶酔したに過ぎませんでした。
また彼は男性しか愛せなかったのではないかと言われています。

政治がうまくいかない事や肉体的な悩みが積もっていく中で、24歳の時についにノイシュバンシュタイン城の建設に取りかかります。この城の中で彼の理想の世界を形にするために・・・。

ルードヴィヒ2世にとって、ノイシュバンシュタイン城は、政治など、嫌な現実から逃げることが出来、一人で閉じこもることが出来る隠れ家的存在だったと言われています。精神的に追い詰められていた彼は、現実から逃げて大好きなワーグナーの世界、理想の夢の世界で生きるためにこの城を築いたのではないでしょうか。

ノイシュバンシュタイン城の建設と共に、彼は2つの城も平行して築いていました。1つ目は、リンダーホーフ城です。もう1つは、ヘレンキームゼー城です。彼はブルボン王朝の栄華に対する憧れがあり、莫大な資金を投入して建築しています。

政府からの再三の中止の申し入れも聞かず、彼は次から次へと城を建て、王室の財産は破産寸前になっていました。危機を感じたミュンヘン政府はルードヴィヒ2世を精神病という理由で近くの城へ幽閉しました。この時彼はほとんど抵抗もしなかったそうです。その翌日、散歩に出たいと言う彼に、精神科医が同行します。しかし、戻る予定の時間になっても二人は帰ってきませんでした。慌てて城の人々が探したところ、深夜に二人とも湖で遺体になって発見されました。

結局彼はノイシュバンシュタイン城に102日しか住んでいません。
またワーグナーは一度も訪れることがなかったのです。
CIMG2375.jpgCIMG2370.jpgCIMG2360.jpg

左:ノイシュバンシュタイン城
左中:城内Cafe
右中:入り口
右:城への道案内

当時は莫大な資金を投入しバイエルンの人々を苦しめましたが、今となっては、ドイツ最大の観光スポットとなり、ルードヴィヒ2世は亡くなってから、そのお返しをしていると言われています。

そしてルードビッヒ2世が描いた理想の城は、ディズニーの描く夢の城
そのモノであったためシンデレラ城のモデルとなったのではないでしょうか?
 
っと言うのがノイシュバンシュタイン城の歴史。
へぇ~。学んじゃった。
それにしても3回書き直すと覚えるわ。


励みになります!→人気blogランキング




スポンサーサイト

コメント

ミュンヘンよりノイスバンシュタイン城

 はじめましてtrekker77と申します、来年夏にチロル・ドロミテノ山旅に行きます、そこでミュンヘンより入る予定にしていますのでノイスバンシュタイン城を尋ねてみたいのですが一番早く簡単に行ける方法を教えてください。

”け”ちゃん

単に暇なんだと思う(^^;)ゝ
学校始まったらペース落ちるかも・・??
いや。ネタが増えて毎日更新してるかもね☆

From Tina

すげー、ちょっと見ないうちにモーレツな勢いで書き残してるね。Tinaはこういうの向いてるんじゃない?いきいきしてるでしょ。

南ドイツの旅シリーズ、楽しんで読ませていただきました。
ミュンヘン駅前もノイシュバンシュタイン城も丁度去年の秋に訪れた場所だったので、思い出に浸りながら写真なかも見ちゃいました。

私は個人的にはノイシュバンシュタイン城は外から見るほうが好き…という結論に達しました。城の中は想像していたのと若干違って「ちょっと派手すぎるかも…」という印象を受けたのを憶えています。

それにしても夏の景色もいいもんですなあ。ドイツ旅行は2回とも寒い時期だったので今度は夏に行きたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://airmailgermany.blog13.fc2.com/tb.php/65-570a2fec

☆旅行記?「ドイツ:“ノイスヴァンシュタイン城と湖”」★

皆様こんばんは。今週も金曜になりましたねー。本日のご予定はいかがですか?わたしですか?わたしはなぜかしごとのようです。。。ずいぶん、ご無沙汰でしたが、旅行の続きです。まだ終わってなかったんですよー。旅行もかき....
  • [2005/09/16 18:56]
  • URL |
  • ブログ イケメンしこう |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。