FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Die Physiotherapie 続き 

今日もドイツの”腰痛対策”話をしたいなぁ~。

病院見つける経緯なんてどうでもいいから、
どうなの?どうなの?
ドイツのマッサージってやつは?? 効くの?効かないの?
なぁ~んて思ってる方が多いのではないでしょうか?

私の通っているところは、「あたり」かなぁ~と思ってます。

ま。先生と会話が成り立ったのが気に入った理由でもあるけど
仕事はキッチリ・カッチリやってくれまっせ!

ガッチリした体格の男の先生が、みっちり30分凝りや張りをほぐしてくれます。
最初は痛くて「痛いぃ~」なんて日本語で言ってしまう程ボロボロの体でしたが、
4回程通った位から痛みが落ち着いてきましたよ。

私は、Krankengymnastik(医療体操・リハビリ)の処方箋も書いてもらっていたので、
下記のようなスポーツクラブ風施設で弱った筋肉の補強運動も30~40分やってます。
CIMG5424.jpg

「えっ?補強運動って?何するの?」って思われた方もいらっしゃったのでは?

えっ。私の場合は腰・お尻・お腹の弱った筋肉を付けると共に
”かなり太った”ことを先生に言ったら、気になる部分の筋肉を強化し
脂肪を燃焼しやすくする運動も教えて貰ってます(^0^)\

まぁ~、結局、デブになって、腰が弱って、ぎっくり腰になったので
必要な筋肉を付ける運動引き締め効果ありの運動
ってことなんだけどね。

毎回、トランポリンの上で走らされた後でヨガのようなポーズと各種腹筋運動を教えて貰ってます☆
腰の強化とダイエット。両方達成されたら良いんだけどなぁ~。

淡い期待を抱きつつ・・・。冬のようなドイツの秋を感じる今日この頃。。。


応援宜しくお願いいたしますm(_ _)m
→→人気blogランキング
です
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://airmailgermany.blog13.fc2.com/tb.php/239-1b0f02c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。