FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学適齢期 

「留学適齢期」
なんて言葉が存在していたら、皆さんは何歳くらいだと思います?

私は、20~23歳位に親のスネを齧りながら留学するか
25~28歳位で自分で稼いだお金で留学してみるのが良いのではないかと思う。
タイムマシーンがあるなら、20歳に戻って留学してみたい。かな。
CIMG3439.jpg

私のクラスメートは殆どが19~21歳の大学生。
彼らを見ていると「若さ」を武器に羨ましい位活動的で、時に恐ろしさも感じる。
午前中ミッチリドイツ語の授業を受け、休み時間に宿題をこなす。
昼食中も仲間とドイツ語で。
午後はバイトやホームステイ先でドイツ語生活。夜は仲間と飲みながらドイツ語。
要は、24時間ドイツ語なのだ。

私も同世代から見れば、活動的な方だと思うが
彼らと比べると明らかに「若さ=体力」が違うのだ!
悔しいがこればかりは、喉から手が出るほど欲しい!(T0T)

もちろん、彼ら「若さ」ゆえの過ちも沢山ある。
先生に指摘されたことを素直に聞かず、とりあえず口答えしたり
心ない言葉で他人を傷つけたり…。

その点、20代後半で留学して来ている人達は、歳を積み重ねている分だけ
尖がった感じを上手にコントロールしている気がする。
決して丸くないところがまた良いのだ。

残念ながら私は「仮:留学適齢期」は過ぎているが「年上=忍耐?!」で補っていけば、
若さ以外の武器で勝負出来るのかしら?ね。


文才が欲しい…→人気blogランキング
です


スポンサーサイト

コメント

返)カタリーナさん Busukeさんへ

カタリーナさん・Busukeさんへ

「思いのある所に道は開ける。諦めなければ必ず」
ですかね☆やっぱり!

でも、肉体年齢ってやっぱり感じちゃう今日この頃。
健康第一・精神力も大切! ですね。

こんな人もいます。

カタリーナさんのこの一言、
結局そこで何をするかの明確な目的と意志さえあれば、
年齢なんてあんまり関係ないのかもしれませんね。
」名言ですねぇ。
私もまさに同じ考えです。

私の場合、20代前半でドイツに来ましたけど、当時はいろいろな人に頼っていた部分が結構あったなぁ、と反省です。と同時に年齢は上でもひどい人は結構いるんですよね。

一番ひどかったのが当時一番最初に知り合った日本人。
28才の女性で、彼女は年齢的にはかなり上だったけど、目的もなく流れに流されるままにドイツに来たような人で、彼女にはかなり利用されちゃいました。
引越しの手伝いから悩み相談、挙げ句の果てには妊娠v-12してしまったらしく、かなりハチャメチャな事してた人です。

こんな人もいるわけだし、年齢関係なく自分の意志次第で留学は成功にも失敗にもなるんだなぁと、今回の記事を読んでいてつくづく実感しましたね。

よくわかります!

再びこんにちは。
私が留学したのは、まだ20歳前でした。
若いゆえの過ち、いっぱい犯しました。
何も知らずに海外で、しかも初めての一人暮らし。
いろんな人に迷惑をかけて、助けてもらってやっとこなしてました。
今、当時を振り返ると、感謝の気持ちと反省の気持ちでいっぱいです。
年齢が上がってからの留学は、分別がある分、思い切りが多少悪くなるかもしれませんね。
でも年を重ねた分、若い人みたいに動かなくてもわかることもたくさんあるでしょうし、
結局そこで何をするかの明確な目的と意志さえあれば、
年齢なんてあんまり関係ないのかもしれませんね。
ただ、留学に限らず、海外に住むという点において、
その国(土地)の習慣とか生活に馴染めるかどうかっていうのは、
年齢が上がると難しくなってきますよね…。
よくシニア世代で、老後は海外でっていうのを聞きますけど、
あれはさすがに無謀だと思っています…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://airmailgermany.blog13.fc2.com/tb.php/176-8a1cf42c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。