FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成績って? 

またまた、小さな違和感を感じちゃった。

生徒(学生)だった頃、成績表を見ながらどんなことを思いましたか?
得意科目・不得意科目がありましたよね。

「あぁ~。物理の成績が・・・」
「どうして、いつも同じ科目しか出来ないの?」
「古文って苦手」 etc・・・。
CIMG2627.jpg

成績が良い=「頑張ったわ!」とか「よく勉強したもん!」
と考え、自分を誉めたりしますよね。
成績が悪い=「勉強しなかったなぁ~!」「この科目嫌い・苦手」
と考え、自分自身の問題として受け止めますよね。
つまり、どんな成績にせよ「自分の問題」として我々は考えますよね。

でも。。。。
ドイツに来て気付いたのですが、「成績が悪い」=「自分の問題」
と受け止めない人が多いと思うの。
もちろん語学学校は外国人ばっかりなので”ドイツ人”の考えではないんだけどね。

じゃぁ。一体誰のせい?
答:「先生が悪い」

語学学校でよく、中学や高校時代の成績が話題になるのですが
みんな成績が悪い科目に対し、必ず
「先生が悪い」「教え方が悪いから出来なかった」と答えるの。

自分の成績が悪かったことを、自分の問題にせず他人のせいにする事に違和感を感じるわ!
私にはこの考えが受け入れられない。
「先生が悪いから出来なかっただけで、私には能力があるの」
なんて絶対言えなし、なんだか嫌らしくって。

それに、「先生の教え方が悪いから出来なかった」と先生に言ったところで
「残念だったわね。ごめんなさいねぇ~」って言われて終わりだと思うの。
それなら、自分の問題にして努力した方が前向きだと思うんだけど。

他人のせいにしない感覚って日本人特有なのかな?
同じ感覚は、仕事をしてる時でも感じると思うんだ。
外人と仕事した方なら感じたことありません?


異文化交流って楽しいわ→人気blogランキング
です
登録してみました。応援お願いします。FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

返)自身

busukeさんへ
「ドイツ人の自信満々さと日本人の自分を責めてしまうところ。
それのちょうど中間くらいがいい」
→→→
その通りですね!!(笑)
私達には、自身って必要ですよね(^0^)
From Tina

返)ラメ様

ラメさんへ
お返事が遅れてしまい申し訳ありませんm(_ _)m
こっちの人って、先生に厳しい評価しますし気に入らないと
アッサリ文句言うし・・・。
この感覚って羨ましくもあり、恐ろしくもあり。。。。
そろそろ日本もこの感覚見習って欲しいと思いますね。
だって下手くそな授業している先生や教授にお金払うの
モッタイナイモン!
From Tina

自信

そうそう、自意識過剰って言うか、自信満々っていうか。。
確かにもらった成績をそのまますんなり受け入れない姿勢は大事だと思うけれど、人のせいにするのもちょっとですよね。
ドイツ人の自信満々さと日本人の自分を責めてしまうところ。それのちょうど中間くらいがいいと思います。
ちなみに私も成績が悪いと自分を責めてしまうタイプですね。

not subject

Tinaさんこんにちは。
そうですよね~。
外国の人ってあんまり自省をしないですよね。
「それは自分のせいじゃない」ってカラっと言っちゃうので、うらやましくもあり、おいおいもうちょっと自分を省りみたまえ!っていいたくもあり…。
そういうことの延長なのかもしれませんが、先生に対しては厳しいですよね。日本だったら「先生の言うことだから」って結構なんでも受け入れちゃうことが多かったですが、ドイツではヘンなことしたり、授業が下手だったら生徒側がはっきり言うみたいですね。
こういう文化の違いはおもしろいと思います。

返)人のせい

Atsuさんへ

お帰り!時差ぼけは直りましたか?
やっぱりHamburgの我が家で飲む味噌汁が最高でしょ♪

この話以外にも、私は問題があると
「自分が悪い?自分に非がある」と考えるタイプなんですよね。
でも今回、学校の成績をテーマにして話をした時
「成績が悪かったのは、先生が悪いのよ」って即答されビックリ!

まぁ。一番の問題はAtsuさんの言うとおり
相手に対する「伝え方」なのかも知れませんけど(^0^)

人のせい

ただいま!
そんなことないと思いますよ、日本人も十分に人のせいにしています。
「私は才能がないから算数が苦手」とか、
「日本人だからドイツ語の発音は難しい」とかね(笑)
相手がドイツ人だから、仕事がやっかい!なんてのは最たるものですね。
って、自分の事ですが・・・。
これからは伝え方が悪いって反省するようにします。
実際、その通りですから(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://airmailgermany.blog13.fc2.com/tb.php/167-12d34487

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。